くろきちライフ

微ミニマリストを目指す主婦のブログ

衣替えはもうしない!5つのポイント【家事ゼロを目指す微ミニマリスト主婦】

f:id:kurokichidesu:20190927210834p:plain

こんにちは!家事0を目指しているくろきち(@kurokichidesu)です。
我が家では衣替えを0にするために持っている服全てをクローゼットに押し込みました。
これができたのも不要な服を処分したり、旦那の協力があったから。
衣替え0!もしくは衣替えの労力を減らすために考えたポイント5つについてまとめました。

ポイント1:夏にしか着られない服は処分する(購入しない)


日本には四季があります。
春夏秋冬それぞれに適した服がありますが、冬のコートやニットは夏に着ることはできませんよね。

f:id:kurokichidesu:20190927132807p:plainf:id:kurokichidesu:20190927133000p:plainf:id:kurokichidesu:20190927133026p:plain
(これはできない)

しかし、夏場に着ているTシャツなどは重ね着をすれば冬も着ることが出来ます。

f:id:kurokichidesu:20190927133251p:plainf:id:kurokichidesu:20190927133000p:plainf:id:kurokichidesu:20190927132807p:plain

(これはできる)

つまり夏に着られる服はオールシーズン代用可能なので、
夏にしか着られない服を処分、購入しないをすれば物の全体量が増えずに済み、
衣替えの負担が減ったり、衣替えをしない選択肢が生まれるのではと思います。

結局物の全体量を減らさなければ、タンスやクローゼットに押し込むことも難しいと思います。

私が思い浮かべる夏にしか着られない服は【インド綿素材】の服だと思います。
インド綿は軽くて、通気性も良く、洗濯してもすぐ乾く、真夏にピッタリな素材だと思います。
ですが、さすがに冬に代用ができる素材ではないかなと思います。

なので私は綿・麻素材の服で重ね着ができるような物を所有しています。
ちなみに麻素材は「夏」に着る物と考える方もいるかもしれませんが、
実は冬にもおすすめな素材です。

実際、冬にも麻素材の新作は多数でます。
(大学時代ナチュラル素材を取り扱うお店で3年程アルバイトをしていました。)

詳しくはこちらをご覧ください。

「 リネンの服を 秋・冬に着てもいいの?」結論→いいんです。-wafu的リネン辞典

 

ポイント2:購入する服の色味を決めてしまう


私が今持っている服の色味は黒・紺・グレー・白です。
それ以外の色は処分をしました。

(服の写真)

服の色が沢山あると、コーデを完成させるために必要な服や服飾雑貨の数も増えると思います。
色に制限をかけて、どのような組み合わせでもOKな状態にしておくと選ぶ手間が無くなるのと、多く持たなくて済むようになるので衣替え時も少し楽になると思います。

ポイント3:いつも違う服を着なくてはいけないという思い込みを無くす


私は同じ服を連続で何日も着ることがあります。
乾燥機があるので、次の日には着れてしまいます。

他人に「あの人いつも同じ服…」って思われても私は大丈夫です。
なぜならば、他人にそう思われても1秒も1円も損していないからです。

損を感じる出来事があれば、違う服を着るようにします。

ちなみにこのポイントはお仕事で毎日同じ方に会い、同じ服を着ていることで相手から不快に思われるような方には不向きです。

何も損をしなさそうな方だけ参考にしてみてください。

ポイント4:便利な収納グッズを取り入れる


ポイント1.2.3では服の枚数を増やさないための話でしたが、
とはいえ家族がいる方は、家族の服を勝手に処分できないですし難しいですよね。
我が家もそのように感じています。

これはもう便利な収納グッズに頼るしかないと思います。
限られたスペースにいかに物を入れるか。
ミニマリストの方はこの思考を良くないと思うでしょうが、家族がいたらそうもいかない現実があります。

例えば、ハンガーの見直しはされていますでしょうか?
ハンガーが薄くなればなるほど、収納できる枚数も増えます。

ミニマリストの方がよく使うMAWAハンガー
(私は無印のアルミハンガーを愛用中です)

MAWA すべり落ちないマワハンガー カットソー アンサンブル用 人体ハンガー Mサイズ 20本組 3120

MAWA すべり落ちないマワハンガー カットソー アンサンブル用 人体ハンガー Mサイズ 20本組 3120

 

MAWAハンガー薄いと思います。

それから深夜のTVショッピングで売ってそうな商品とか 

あと衣替えとは関係ないですが、我が家では靴の壁掛け収納使っています。
旦那もかなり靴減らしてくれましたが、靴の収納スペース小さいので
これは買って良かったと思っています。

もちろん物を減らすのが一番だと思うのですが、そうもいかない方はグッズに頼りましょう!
ポイント5は家族への処分を促す会話方法についてです。

 

ポイント5:家族への上手な不用品処分の提案


やはり物の量は少なければ少ないだけ労力は減ると思います。
家族のいる方はタイミングを見計らって上手に不用品処分の提案をしてみましょう。

「それが難しいんだよ!」

そう思った方いると思います。

私もその気持ちはものくごくわかります。
旦那は物をあまり捨てないタイプで、過去に何度も不用品処分のことで喧嘩、大喧嘩していますから(笑)

ですが、最近になり私は不用品処分を促す会話方法を見つけました!
皆さんの家族に当てはめることができるかはわかりませんが、
お悩みの方は一度過去記事を読んで頂きたいです。

なんとこんな嬉しいお言葉まで頂きました😢

ブログを読んでくださり、旦那様に処分の提案をしたところタンスを処分できることになったようです!
すごいですよね、タンスという大物のOKがもらえるなんて!

 

www.kurokichidesu.com


人それぞれ受け入れやすい会話方法が違いますので、
改めて自分の家族はどういうタイプかな?どういう時拒否をされて、その時はなんて提案したっけな?ってことを思い出してみてください。

くろきちライフが衣替えをしない5つのポイントについてYouTubeでも紹介をしています。


ミニマリスト関連、丁寧じゃないライフスタイルについて発信をしています。
チャンネル登録よろしくお願いします!


【微ミニマリスト】衣替えをなくすために考えた5つのこと【家事ゼロを目指す主婦】